肉割れクリームおすすめランキング!口コミ人気を徹底検証!

肉割れクリームNAVI

赤ちゃんと寝る母

経産婦は妊娠線・肉割れができやすい

経産婦は肉割れ予防をしっかりと行いましょう。

赤ちゃんと寝る母
1児目の出産の時に妊娠線ができなかったため、2児目の時も大丈夫だろうと考えている方は多いことでしょう。
しかし、油断は禁物です。
実は、過去に出産を経験したことのある経産婦の場合、1児目の時よりも妊娠線ができやすいと言われているのです。

経産婦は妊娠線・肉割れができやすいと言われるのはなぜでしょう?

笑顔の妊婦
経産婦の妊娠線・肉割れができやすい理由について取り上げてみましょう。
一つの理由は、皮膚が伸びやすくなっているというものです。
1児目の妊娠に伴って、妊婦のお腹の皮膚は一度よく伸びているため、2児目の妊娠の際には当然のことながらお腹の皮膚は伸縮に耐性ができてより伸びやすくなっています。
それでは妊娠線できにくいのではないかと期待しそうになりますが、皮膚が伸びやすいためお腹が前に出てきて膨らみやすい状態になっています。
お腹だけでなく、体全体も同様のことが言えます。

油断が肉割れになる場合もあります

体重増加で起こる肉割れ
また、経産婦に妊娠線ができやすいと言われる別の理由としては、過去の経験があるためつい油断してしまうということがあります。
例えば、1児目の時には妊娠線ができなかったため、2児目の時もまず大丈夫だろうと考えて安心してしまうのです。
こうした油断から、チェックを怠ったり、予防を怠ってしまい、1児目の時よりも肉割れができやすい体になることもあります。

年齢も肉割れのできやすさに関わってきます

悩む母
さらに、年齢という要素も見過ごすことはできません。
経産婦の場合、当然のことながら1児目の時よりも年齢が高くなっているものです。
加齢の影響で、お肌が乾燥しやすい状態になっていたり、弾力性が以前に比べて失われていたりすることもあるでしょう。
そのため、皮膚にかかってくる圧力に耐えることができなくなってしまうというわけです。

1児目の時の肥満が原因で肉割れができることもあります

親子
加えて、最初の出産で太ってしまったという方は比較的多いものです。
産後もなかなか痩せることができず、そのまま2児目の妊娠を迎えることもあるでしょう。
太ると皮下脂肪がついてしまうものですが、この皮下脂肪は妊娠線の原因となる真皮と接していると言われています。
伸縮性のない皮下脂肪が邪魔をして真皮が伸びず妊娠線ができてしまうため、注意が必要です。
その場合は妊娠線・肉割れ予防として、クリームやオイルでしっかり予防ケアを行い、生活習慣も気をつけましょう。


投稿日:

Copyright© 肉割れクリームNAVI , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.