肉割れクリームおすすめランキング!口コミ人気を徹底検証!

肉割れクリームNAVI

肉割れクリーム

妊娠線と肉割れ

肉割れは物理的な現象です

太ももの肉割れ
肉割れとは、急激に体重が増加して体形が変化したことによって起こる現象です。
妊娠線も急激な体の変化に耐えられなくなった表皮が断裂してしまう点は同じと言えますが、妊娠線が違う点は、ホルモンバランスの関係も大きく関係していることでしょう。

肉割れが起きた皮膚の中で起きていること

肉割れは体形の変化に伴って皮膚が伸びていこうとするものの、急激な変化に対応しきれず、真皮にある皮膚のコラーゲン繊維が避けてしまうことで起こります。
肉割れが起きた直後、繊維が避けたところは毛細血管が透けて見えるので、肉割れが発生したところは赤黒く見えるようになります。
徐々に赤みは取れて、最終的に白い線のような傷になります。
肉割れ、妊娠線の他にもストレッチマークや皮膚伸展線条という呼び方もあります。

肉割れはどこにできる?

肉割れどこにできる?
肉割れや妊娠線は、お腹やヒップ、太ももなど、脂肪のつきやすい部分、皮膚の薄い部分に出来きやすいと言えます。
コラーゲン繊維がある真皮は肌の階層の中でも奥の方にあるので、従来は一回出来てしまうと消すことは難しいと言われてきました。

肉割れのできる時期に肉割れクリームで予防を

肉割れクリームで肉割れ予防
肉割れは成長期にできることも多く、急激な成長期は肉割れクリームなどで肌の保湿ケアをすることが予防にもつながります。
妊娠時も必ずできるというわけではありませんが、妊娠線予防ケアを怠った7割の妊婦さんには妊娠線ができるという話もあります。
妊娠中は問題なくても、産後に皮膚が元に戻る過程で妊娠線ができる可能性もあるので、肉割れクリームは産後に使うことも効果的です。
肉割れクリームで真皮から保湿ケアをしていくことが重要になってきます。

肉割れできてしまっても消す方法はあります

肉割れクリームで消す
肉割れは主に体重の急激な変化が原因ですが、妊娠線には糖質コルチコイドというホルモンが絡んでいるので、妊娠が分かった時点で予防用のクリームを準備しておいた方がいいでしょう。
妊娠線の予防としては、クリームを使って保湿を行ったり、コラーゲンやビタミンCの積極的な摂取、体重管理をしっかり行うなどの方法が用いられています。
従来は消すことは難しいと言われてきた肉割れも、消す方法があります。
どうしても薄くしたい時にはクリニックでレーザー治療やダーマローラーなどを受ける他に、真皮から継続的に専用のクリームで保湿ケアをすることで徐々に消していく方法もあります。

急激なダイエットも肉割れの原因です

肉割れの防止策としては、急激なダイエットも避けることです。
急激なダイエットで栄養の行き渡らなくなった肌のコラーゲン生成力が弱まり、それに伴う肌の伸縮で肉割れができる原因になることもあります。
普段から食生活に気を配り、体重管理をしておくことが予防になります。


更新日:

Copyright© 肉割れクリームNAVI , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.