肉割れの種類

肉割れの種類

肉割れにも種類がいくつかあります。

1.妊娠中にできてしまう妊娠線は赤紫色の線。

妊娠中はおなかが大きくなって下の部分が見えないので、
自分ではできたことに気づかない妊婦さんが多いですね。
なので出産してしぼんだおなかを見て、妊娠線ができていてショックを受ける方もいます。
できれば妊娠してからの予防はもちろん、できた時にはすぐケアしたほうが、治りや残り方が違ってきます。
年数が経過するにつれて徐々に白く薄くなってはきますが、
ほうっておいても消えることはないのです。
でも今はできてしまっても消そうと思えば消せます。
方法はいろいろあるので、このサイトを参考にしていただければと思います。

2.白っぽい線やでこぼこした部位がすこし光沢のある線。

妊娠線の時間が経過したものや、
急激な体重の増加や成長で皮膚がついていけずにできてしまい、
放っておいて時間が経つと白っぽく(少しキラキラした感じに)なって場合によってはデコボコした線になります。

おへその下に一直線に伸びている正中線はよく妊娠線と間違えられますが全くの別物です。。

正中線は色素沈着が原因なので、時間が経過するとほとんど消えていきますね。
でもこれも妊娠線同様できた時からケアしてあげることで、
残り方や治り方が変わってくると思います。

何事も思い立ったが吉日ということでしょうか。

私も昔からできた時にケアできていたらもっと消えるの早かったのかなあと思います。。

妊娠線や肉割れはできる前から予防するのが一番いいです。
でもでも、

できてしまってからでも遅くはありません!

赤紫色の時より白っぽいデコボコした線の方は
効果が出るまで少し時間はかかるかもしれませんが、

肉割れクリームやオイルマッサージなどを根気よく続けていきましょう!


肉割れクリームのランキング