肉割れが出来る部位

肉割れ画像

ここでは肉割れ線(妊娠線)のできやすい部位のお話しをします。

まず妊娠中なのですが、一番できやすい部位はお腹です。

だいたい妊娠6カ月頃のお腹が急激に大きくなってきたころは特に注意が必要です。

ちなみに私はこの時期できました・・・。

元々肉割れ線があるので、できやすのは覚悟してたのですが、
いきなりビキビキひび割れがきました。。

お腹が大きくなると下の方が見づらいので気づくのが遅くなったりします。

それ以外の部位だとお尻や太もも、ふくろはぎ、胸、二の腕などが多かったりします。

お肌のやわらかい部分はできやすので注意です!

基本的に妊娠中は妊娠線ができやすいみたいなので、広範囲を専門クリームでケアしましょう。

急激な成長や体重の増加が原因の肉割れは脇や足の付け根の部分にできてしまう人もいるようです。

お肌のやわらかい部分はできやすいので注意が必要です。

そう考えると妊娠中の保湿も当然ですが普段からのボディケアは大切なんだと感じますね。


肉割れクリームのランキング